44歳、大学生になりました。

奈良大学通信教育部に入学しました。

勉強がすすまない

テキストが届いてから1カ月が経とうとしているのに、まだ一枚もレポートを書いていません。というのも夏のスクーリングの計画を立てているうちに、宿や飛行機の手配や仕事の休みのやり繰りがだんだんと面倒くさくなり、「いっそのこと奈良に引っ越してしまおうか」と思うに至り、ネットで部屋探しをしまくる日々になってしまったのです。加えて本来なら三月末で出来ていたはずの仕事の引き継ぎが出来ておらず勉強が手につかないのであります(完全ないいわけ)。

 

しかしまったく勉強していないのではなく、最初の科目として選んだ「人間論Ⅰ」のテキスト「生命の終わり(大町公著)」と参考図書の「無痛文明論森岡正博著)」の二冊は読み終わっています。 

命の終わり―死と向き合う7つの視点

命の終わり―死と向き合う7つの視点

 
無痛文明論

無痛文明論

 

しょっぱなからこんなヘビーな内容の科目を選んでしまって、レポートを書くにも考えがまとまらず、どうしたものかと思案している最中でございます、、、とほほ。このペースでは四年では到底卒業できません。とにかく今月中にはレポートを作成し、提出したいと思います。