44歳、大学生になりました。

奈良大学通信教育部に入学しました。

興福寺佛教文化講座

このブログのタイトルは44歳~なのですが、10月に誕生日を迎えまして45歳になりました。でも何歳で入学したか(また、何年かかって卒業できるか)を表明しておきたいのでタイトルは変えずにこのままいこうと思います。

 

通信教育はテキストや参考資料を読んでレポートを書く、という地味な勉強法で正直言ってあまり楽しくありません。千葉に住んでいた頃は東京国立博物館や千葉の国立歴史民俗博物館、東京日本橋にある奈良まほろば館によく無料講座を聴きに行ってたので、スクーリングのない時期はこちらでもいろんな講座を聴きに行こうと思います。

f:id:urihei:20171210132342j:plain興福寺では毎月第二土曜日に興福寺三重塔近くにある興福寺会館で佛教文化講座が開かれています。予約・受講料とも不要なので気軽に参加できます。

 

今回は第405回だそうで第一講(午後1時~1時50分)では副貫首の森谷英俊さん御講和の「維摩の世界(33)-文殊の見舞いーその5」、第二講(午後2時~1時間くらいだったかな?)では貫首多川俊映さん御講和の「『春日権現検記絵』を読む」を拝聴しました。

 

維摩経という教典がどういったものか知らなかったので、ネットで軽く予習してから臨みました。維摩経の世界観は、最近興味を持って読み散らしている西洋哲学に似ていて面白かったです。一方的に教えを説くのではなく、主人公の維摩詰が文殊菩薩達と対話(問答)する、というスタイルもソクラテスと似ているな、と感じました。講座は時間が短く、維摩経のほんの一部分しか触れることが出来なかったので、自分で本を買って勉強したくなりました。第二講の春日権現検記絵では神仏習合(春日信仰と維摩経の融合)の様子がえがかれていてこちらも興味深く拝聴しました。

 

御講和なので拍手はいらない、合掌で始まり合掌で終わる、御講和の前に般若心経を唱和する、というのも初めての体験でおもしろかったです。

 

予想に反して聴講者が多く、会館の座席は9割方埋まっていました。年齢層は奈良大学のスクーリングより高く、60~80代の高齢者がほとんどといった印象でした。

f:id:urihei:20171210132409j:plain

今年一年間リニューアル工事をしていた国宝館が来年の元旦にオープンするそうで、春日大社の初もうでの帰りにでもお立ち寄りください、とのことでした。また、中金堂も現在工事中なのですが、落慶を記念しておいしそうなお弁当が発売されています。土曜日と日曜日で内容が違うのですが、すぐ売り切れてしまうそうで、食べたい方は11時の入荷に合わせて買いに行った方が無難なようでした。

f:id:urihei:20171210132430j:plain